【2020年最新版SEO対策】ワードプレスのおすすめプラグイン10選

WordPressの能力を高めるためにプラグインというものがあります。

サイトをより良くしたいのであれば、プラグインを利用していきましょう。

しかし、プラグインを入れ過ぎてしまうと、サイトが重くなってしまいユーザビリティが悪くなり、Googleの評価が下がることになりかねません。

なので、プラグインは最低限にしておくのがベターです。

使わなくなったプラグインなどはこまめに削除するようにしましょう。

では、どんなプラグインを利用したら良いでしょうか。

今回は最低限必要なおすすめのプラグインを紹介していきます。

おすすめのプラグイン

Contact Form 7(お問い合わせ作成)

Rinker(物販アフィリエイトリンク作成)

EWWW Image Optimizer(画像圧縮)

Autoptimize(コードの軽量化)

PS Auto Sitemap(サイトマップ作成)

Site Kit by Google(Googleサイト分析)

TinyMCE Advanced(文字入力カスタマイズ)

Google XML Sitemaps(XMLサイトマップ作成)

Classic Editor(従来の使いやすいエディター)

Akismet(コメントスパム防止)

他にもプラグインは沢山存在しています。

自分の用途によって、プラスで追加していけば良いでしょう。

しかし、基本的には上記のプラグインのみ大丈夫です。

20個以上プラグインを入れている人は明らかに多いので、注意してください。

また、ワードプレスのテンプレートによっては、不要なプラグインも出てきます。

今回は、『賢威』という有料のテンプレートを前提におすすめのプラグインを紹介しています。

『賢威』はとても優れたワードプレスのテンプレートです。

これからワードプレスを育てていきたいと思っている人はぜひとも『賢威』を購入して使ってみましょう。

SEO対策的にも優秀ですし、利用者が多いので、『賢威』の使い方やカスタマイズ方法についてもネット上にありふれています。

『賢威』を利用しつつ、上記の最低限のプラグインを導入するようにしましょう。

最高のサイト作りを目指して頑張りましょう。