【2020年最新版SEO対策】検索意図が複数ある場合は記事をどうしたらよいか

キーワードを検索していると、検索意図が2つ以上出てくる時があります。

検索意図が2つ以上出てくる時は、記事をどうすればよいのか悩んだ時はありませんか?

例えば、「サウナ 医学的」というキーワードの場合、メリットもあればデメリットもあるということですね。

メリットを知りたいという人もいれば、デメリットを知りたいという人もいます。

そのように1つのキーワードに対して検索意図が2個以上存在している場合があります。

検索意図が2つ以上出てくる場合、どのように対応したら良いのでしょうか。

結論は、『両方書いてあげる』です!

例の場合であれば、メリットの記事を書いてあげることと、デメリットの記事を書いてあげること、つまり2記事書いてあげれば良いのです。

もちろん、今回のメリットとデメリットのようなものであれば、1記事にまとめて書いてしまっても問題ありません。

しかし、キーワードによっては、1記事にまとめられないような検索意図が出てくることがあります。

1記事にまとめられないような場合は、検索意図の通り2記事書くようにすれば良いでしょう。

検索意図は読者のニーズを満たす行為です。

記事を書く以上は必ず読者のニーズに応える必要があります。