【2020年SEO対策】商品レビューの書き方

商品レビューの書き方についてまとめていきます。

商品レビューの目的は大きく3つあります。

1つ目は税金対策

2つ目は商品紹介を目的としたアフィリエイト

3つ目はPV数目的

となります。

税金対策はブログで商品を紹介することで個人利用目的だったものがビジネス目的となりますので、経費とすることが出来るようになります。

経費に出来れば、節税することが出来ますので、商品レビューは税金対策になります。

例えば、食料品を購入しても、食レポを含めたブログ記事として執筆すれば、それは立派な経費になるわけです。

次にアフィリエイト目的です。

商品を購入するか悩んでいるユーザーは商品を実際使った人の口コミや評価を知りたいわけです。

従って、商品を使ってみての感想を書いてあげることで自分を経由してその商品を購入してもらうように促します。

次にPV数目的ということですが、人気商品や新商品になるとアクセス多くなりやすく、ライバルが弱い状況が生まれたりもします。

自分のブログ記事が上位表示されやすい状態となっているので、PV数を稼ぎやすくなります。

PV数が多くなれば、自分のブログの評価も上がりますし、アフィリエイトやアドセンスといった感じで収益を生み出すことも出来ます。

上記の目的を達成するために商品レビューを書いていくことになります。

商品レビューも闇雲に書けば良いというわけではありません。

分かりやすくて成約率が上がる書き方というのがあります。

テレビショッピングやテレビの食レポなんかは分かりやすくて購買意欲が高まりますよね。

その状態を目指していくわけです。

それでは具体的な書き方について説明していきます。

購入者ターゲットを決めよう

商品の使用前と使用後の違いについて

おすすめ度を表示する(点数)

おすすめしたい人

おすすめ出来ない人

メリットを伝える

デメリットを伝える

他サイトの口コミを引用する(他の人も同じような意見があった)

使用感の伝わる写真

商品に関する細かい質問に答える

まとめ(おすすめしたい人・メリット・今すぐ購入すべき理由・今後の未来を想像させる)

上記の順番で記事を書いていくと良いでしょう。

では、もう少し補足解説していきます。

購入者ターゲットについて

まずは購入ターゲットを決めるということなのですが、重要です。

実際、女性に販売しようと思って紹介するのも男性に販売しようと思って紹介するのですら、大きく異なるのです。

なので、購入ターゲットを明確に想定して記事を書き進めていくのが大切です。

しかし、購入ターゲットを絞り過ぎても逆効果の場合があります。

ターゲット選定に時間をかけすぎても効率が悪いですから最低限設定しておくだけで大丈夫です。

購入ターゲットを選定するためには、商品キーワードのサジェストキーワードを参考にしたり、口コミをチェックしてみるのも効果が高いです。

結局、口コミや質問に答えたり引用することを前提に動きますので、商品の口コミをしっかり見てターゲットを決めるようにしましょう。

商品の使用前と使用後の違いについて

ターゲットを決めたら、商品の使用前と使用後でどの位変わったのか未来を見せてあげましょう。

例えば、このクリーム使っただけで、お肌がスベスベになったんです!と言って、使用前の写真と使用後の写真を比較させてあげたりすると良いです。

但し、商品によっては薬機法などに気を付けましょう。

おすすめ度を表示する(点数)

 

おすすめしたい人

 

おすすめ出来ない人

 

メリットを伝える

 

デメリットを伝える

 

他サイトの口コミを引用する

 

使用感の伝わる写真

 

商品に関する細かい質問に答える

 

まとめ(おすすめしたい人・メリット・今すぐ購入すべき理由・今後の未来を想像させる)