ビジネスよりも補助金

億万長者になるための方法として、いわゆるビジネスの成功か投資の成功を目指すのが確率が高いとされていますが、上記の2つの方法にはリスクがつきものです。

また、ある程度の才能というかセンスもいります。

ところが国の制度を使えば、そこそこお金持ちになりやすいのではないかということに仮説です。

日本の制度では、補助などのお助け制度があります。

これらの補助を超活用すれば、才能がない所謂どんな人でも結構な金持ちになれる可能性があります。

具体的には、補助金や助成金に加えて、医療制度や労働の制度も全て活用します。

全て活用すると、億万長者にはなれなくても割と楽に数千万円なら稼げます。

そこで、いっそビジネスはほどほどにして、国の制度を鬼ほど勉強した方が安全で効果的です。

ビジネスをする場合、どうしてもある程度のセンスは必要ですから、センスが不要な補助金や助成金を沢山利用すれば、誰でもしっかりと稼ぐことが出来ます。

しかしながら、残念なことに補助金や助成金の制度は多くの人には知られていません。

なぜなら、補助金や助成金は積極的に広告してくれないからです。

自分で調べた人だけが得をするという制度になっているのです。

まさに知っている人は得をして、知らない人は損をするというのが補助金・助成金です。

では、なぜ補助金や助成金は得をするのでしょうか。

具体的に考えてみましょう。

助成金はお金を貰う制度なので、助成金を得ることが出来れば、得をするのはすぐ分かります。

補助金の場合はお金を貸してくれるだけことがありますから、一概に得をするというわけではありません。

ここでのポイントは補助金は低利子でお金を貸してくれるということです。

金利は1〜3%位のことが多いです。

1000万円借りたら、1年後には1030万円返さないといけません。

そのように考えると30万円も損することになるのではないかと思う人がいますが、必ずしもそういうわけではありません。

ここで利用したいのが、株式投資という制度です。

なぜ株式投資なのかというと、株式投資の期待値は106%だからです。

1000万円借りたら、1060万円になって返ってくるのです。

残念ながら株式投資の場合は、必ず106%になるというわけではありません。

106%を前後に上下がありますから、90%になる年だってあります。

また今後も106%で推移していくかどうかも分かりません。

しかし、現状は106%で推移していく可能性が高いと考えるべきでしょう。

その理由については割愛します。

つまり、3%の利率で借りて、6%の利子を受けて、3%得をするということが出来るのが、補助金制度なのです。

となると低利子でお金を借りれば借りるほど有利な状況になってきます。

確かにリスクのある方法ではありますが、基本的には儲けることになります。

このように補助金や助成金をマスターすることで、どんどん資産は増えていきます。

まずは手堅く、国の制度を利用してみませんか。