ブログ記事を最速で書くためのツール&方法まとめ【2020年最新版】

ブログ記事を最速で書く方法と役に立つツールの2020年最新情報を紹介していきます。

スマホで音声入力

結論から言うと、スマホで音声入力を行い、パソコンで修正していくことです。

音声入力を使う理由は以下のとおりです。

キーボード入力は1分100から120文字

フリック入力は1分80文字

音声入力は1分266文字

上記が平均入力文字数となっています。

従って、音声入力を利用します。

次に音声入力の方法はスマホでGooglekeepを利用しよう。

iPhoneの標準アプリは変換が不正確

Simejiは初期入力にエラーが多い

Googleドキュメントは文字サイズなども変わりやすい

Google keepは文字形式や文字サイズや入力のしやすさや正確さを考慮してもっともバランスが良い

従って、Google keepを利用すること

スマホはiPhoneを利用して下さい。

理由は操作性、処理速度が速いからです。

これからスマホを買い換える必要がある人は最新のiPhoneを購入して下さい。

処理速度の違いは入力出来る文字数の違いを産みます。

最新iPhoneの方が音声認識も正確です。

パソコン入力は手軽に出来ない

パソコン入力は別途マイクが必要

スマホは即座に音声入力出来る

どこでも気軽に出来る点からパソコンよりスマホで音声入力する方が優れていれる

パソコンで修正作業

次にスマホとパソコンを同時利用するようにしましょう。

やり方は簡単です。

スマホでもパソコンでも同じアカウントからGoogle keepに入ります。

スマホで音声入力を行い、パソコン画面で入力されたものチェックします。

細かい修正はパソコン上で行う方が速いです。

誤字脱字、句読点などはパソコンで入力する方が速いです。

パソコンがない人やパソコンがない環境の人はパソコンの代わりにスマホやタブレット端末で代用可能です。

ポモドーロテクニック

時間管理としてはポモドーロテクニックを使います。

25分仕事、5分休憩というサイクルで行なっていきます。

上記を守れば、最速でブログ記事を執筆する事が出来ます。

まとめ

最後にまとめます。

iPhoneで音声入力、パソコンで確認と修正

Google keepを利用

ポモドーロテクニックも利用

パソコンがない人はスマホ2台かタブレットを代用