仕事の生産性を上げたいなら、スマホとSNSのコントロールをしよう!

少しでも効率的に仕事をしたいという人向けに科学的に効果が高いとされるおすすめの方法があります。

その方法とはスマホとSNSを見る時間を少なくすること(コントロールすること)です。

現代人はスマホを1日150〜221回も見ているとの研究が出ています。

数字を聞くと予想以上にスマホを見る回数が多いと感じる人も多いのではないでしょうか。

確かに暇さえあれば1日中スマホチェックをしている人も多いですよね。

スマホチェックは想像しているよりもずっと時間を無駄に浪費してしまい、貴重な時間を失わせているのが現状なのです。

時間を浪費させているのはスマホチェックだけではありません。

SNSのチェックも多くの時間を浪費しているという研究があります。

具体的には、SNSを一度クリックしてしまうと平均20回もクリックしてしまうという研究結果が出ているのです。

気づいたら、最初に見たかったページとは全然関係ないページを開いていたというのはよくあることでしょう。

つまり、スマホとSNSは一度利用してしまうと、想像以上に無駄な時間を費やしてしまうツールなのです。

従って、スマホとSNSの時間管理はしっかりコントロールする必要があります。

では、どうすればスマホとSNSをコントロール出来るようになるのでしょうか。

現状考えられる最善策は、スマホをなるべく視界から外すようにすることです。

スマホを目の前において作業するだけでも、脳のパフォーマンスが落ちるという研究結果が出ています。

特に机にスマホを置いて、仕事中いつでも見える状態にしてしまうのは最悪です。

作業する時はスマホを近くに置かないように注意しましょう。

結論

結論

特にスマホとSNSの関連性は強いので、スマホを操作する機会が少なくなればSNSを利用する時間も少なくなるはずです。

従って、一番重要なのは、スマホをいかに視界外で置いておくかということに焦点を当てた方が仕事の生産性が上がると言えます。