女性のサウナーの方が感受性が高いため、『ととのい』やすい

サウナといえば、『男性』のイメージが強いかもしれませんが、実は女性にこそサウナはおすすめなんです。

なぜかというと、女性の方が男性よりも『ととのい』やすいからなんです。

『ととのう』とはなんですか?ということですが、簡単に言えば、気持ちよくなるということです。

つまり、女性の方が男性よりもサウナに入ると気持ち良いのです。

女性の方が男性と比較して『ととのい』やすい理由は、ホルモンの分泌や反応性を男女で比較した結果、女性の方が大きくなったからなんです。

具体的にはβエンドルフィン、プロラクチン、オキシトシン、甲状腺ホルモン、アドレナリン、アルドステロン、コルチゾールなどが増加したんですね。

女性の方が男性よりもサウナーに向いている理由は『ととのい』やすいから

βエンドルフィンが増加すると、鎮痛効果や気分の高揚・幸福感などが得られるとされています。

プロラクチンが増加すると、母性が高まるとされています。

オキシトシンが増加すると、幸せな気分になり、ストレスが軽減するとされています。

甲状腺ホルモンが増加すると、新陳代謝が高まるとされています。

アドレナリンが増加すると、代謝を高めるとされています。

アルドステロンが増加すると、血圧が上がるとされています。

コルチゾールが増加すると、代謝を高めるとされています。

つまり、女性の方がサウナに入浴すると、快楽を感じ、母性が高まり、幸福感がアップし、代謝が上がることになるんです。

これらの効能がサウナが男性よりも女性に向いている理由なんです。

サウナは年々、オシャレになってきていて、女性からの人気も急増しています。

昔みたいにサウナ=男性というイメージは崩れてきています。

サウナ好きを公言する女性有名人も増えてきています。

サウナは女性に向いていますので、まだ行ったことがない人は是非サウナを体験してみて下さい。

『ととのう』方法については別の記事で紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。