社会学者の荒川先生曰く

「結婚数は減っているが実態は同年代同士の結婚数は変わっていない」とのこと。

「歳上男性と歳下女性の結婚数が劇的に減っている」とのこと。

上記のことから、女性が平等の世界になったせいか歳下女性は歳上男性に魅力を感じなくなったことが明確に見てとれる。

結婚はそもそも経済的に補うことが目的ですから、女性の収入が上がれば当然歳上男性は経済的な面から不要になります。

なので、今後、同年代の同コミュニティでしか恋愛発展しなくなる可能性がどんどん高くなります。

年上男性が若い女性を狙う場合、パパ活やキャバクラなどの女性を狙うことくらいしか方法がありませんので、年500万円くらいの出費は全然あります。

その上で若い女性をゲット出来ないという負のスパイラルに陥ります。

パパ活しても肉体関係が結べるとは限らないですし、キャバクラでも同様です。

若い女性との関係を発展させたいなら、お金だけに執着せずにビジュアルを改善する方が得策です。

稼いだお金を女の子に使うだけでなく、自分への投資として美を鍛えるようにしましょう。

しかし、忘れてはいけないのが、若い女性との恋愛を発展させるのは、非常に困難でコスパが悪いということは覚えておきましょう。

コスパ的な観点から見ると、あえて若い女性を狙う必要性はありません。

それならば、同年代で綺麗な人を狙う方がコスパは良いです。

同世代や年上の女性を好きになる訓練をした方が、人生楽勝モードになります。

あとは海外の若い女性を狙う方が、確率は高いですね。