株式投資は国が認めた合法的なマルチ商法なので、早く参入した方が良い

株式投資を始めようか悩んでいる人は、現状今すぐにでも始めた方が良いでしょう。

唐突過ぎて、何を言ってるんだろうこの人は、、、。

と、思うかもしれませんが、株式投資を出来る限り早く始めた方が良い理由を説明いたします。

理由は3つあります。

株式投資を早く始めるべき理由

株式投資は非ゼロサムゲーム

株価は需要と供給

国が株式購入を推奨している

まず、株式投資というのは性質上、非ゼロサムゲームなんです。

ゼロサムゲームとは何かということなんですが、決まった金額をみんなで取り合うのがイメージです。

参加費用1人1万円で100人が参加し、100万円を100人で争うみたいなゲームです。

101人になったら101万円を101人で争います。

例えばFXはゼロサムゲームです。

このゼロサムゲームで勝利することはかなり難しいです。

しかし、株式投資は非ゼロサムゲームなので、参加する意味があります。

株式投資の場合は、配当金を貰えたり、国が参加しているので、人口が増加していることから(世界的に見て)理論上は儲かることになります。

実体は企業の業績不振や倒産などで、儲からない事がもあったりしますが、それについては連動指数の銘柄を買うことで対策出来ます。

何はともあれ、株式投資は非ゼロサムゲームではあるのですが、疑問点もあります。

それが株価の決まり方です。

株価は、需要と供給のバランスによって決まります。

株式には企業によって、株式の発行総数が決まっています。

要はその株式を買いたいと思う人が多くなれば、株価の値段が上がることになります。

つまり、株価を上げるためには、この株価は安い!お得だ!と思われなければいけません。

株式を買いたいと思う人を増やさないと株価は上がりませんし、株を既に購入している人は利益を出す事が出来ません。

特に日本の上場企業は、配当金を支払うことに慣れていませんので、そうなるとキャピタルゲイン(売買益)が主な利益になるのです。

となると、より一層、株価を上げるためには株式投資をしてくれる人を増やさなければいけません。

そして、ここで重要なポイントがあります。

それは国が株式投資を推奨しており、実際に爆買いしているという事実です。

これは言ってしまえば、国が公認したマルチ商法です。

まず日本は老後2000万円問題という状態が浮上しました。

老後2000万円問題は何を示唆しているのかというと、貯金せずに投資しなさいよということを間接的に意味しているのです。

その背景には日本のお金の保有先は貯金が1700兆円も存在していることが原因です。

日本はこの1700兆円のうち1000兆円を投資に移動させることを目標にしています。

それはアベノミクスから始まっています。

もし、仮に1000兆円が株式投資に向かった場合、株価はうなぎ上りになります。

つまり、基本的な方向としては株価は上昇する可能性が高いということになります。

ということは、株価が最も低いと考えられるのは今なんです。

なぜなら、今後株価は上昇するはずだから。

すなわち、今すぐ株式投資を始めた方が良いということになります。

これまでの話をまとめましょう。

株式投資は非ゼロサムゲームで、株価を上げるためには投資人口と金額を上げる必要がある。

国も株式投資を推奨しており、投資家と国も株式投資を進めている状態である。

つまり、先行者利益になるため、合法的なマルチ商法になる。

すなわち、株式投資はなるべく早めに行うのが吉なんです。