経済的自由になる方法を理論的に考えた結果の最終結論

経済的自由になる方法を理論的に考えた結果、最終結論が出ましたので発表していきます。

経済的自由になりたくて悩んでいる人は参考にしてみてください。

経済的自由とは何か

経済的自由とは何か

まず経済的自由になるとはどういうことなのかを理解しないと、経済的自由になることは当然出来ません。

ということで、まずは経済的自由になることとはどういう状態なのか、言葉の意味を考えてみましょう。

結論

経済的自由になるとは資産収入が生活費よりも上回った状態の事(資産収入>生活費)

を言います。

例えば、資産収入が1000万円入ってきて、生活費が500万円という場合、余剰資金として500万円が余るわけです。

このように資産収入の方が生活費よりも大きければ、何もしなくても生活出来る状態になりますので、いわゆる経済的自由になれるわけです。

経済的に自由になる方法とは

経済的に自由になる方法とは

では、経済的に自由になるには、どのようにすれば良いのでしょうか。

まず1番重要なのは、支出の管理を出来るようになることです。

とにもかくにも支出の管理が出来るようにならなければいけません。

なぜなら、お金をどれだけ稼げるようになったとしても、収入以上の支出があれば、資産を構築するどころか生活すらも厳しいからです。

1ヶ月100万円の収入があっても、120万円浪費してしまうのであれば、20万円の借金が溜まっていくわけです。

ちなみに資産を構築するためには、余剰資金が必要です。

例えば、1ヶ月15万円の収入の人でも10万円の浪費で収まるのであれば、5万円ずつ余剰資金が増えていきます。

結局、月100万円の収入の人よりも月15万円の人の方が早く経済的自由になれるのです。

もちろん、経済的自由になるためには収入を増やすことはとても重要です。

しかし、まずは支出の管理が出来るようにならないと、どれだけ収入が多くても意味がないのです。

まずは日頃の支出を見直してみましょう。

ポイントは大きな金額の支出から改善することです。

例えば家賃はいくら払ってますか?

もっと安い家に住めませんか?

本当にその家に住まないといけませんか?

冷静になって考えてみましょう。

住む場所を変えることで安くなりますし、間取りももう少し小さくても大丈夫だったりしませんか?

もちろん、不快やストレスだと感じる家に住む必要はありませんが、理想的な家にこだわり過ぎていませんか?

家賃は毎月支払わなければいけません。

家賃は大きな金額になりがちですから、家賃の見直しというのは非常に重要です。

他にも見直しすべき費用というのは沢山あります。

保険やスマホ代、食費や衣服代などがありますね。

今一度、生活費において費用を抑えることが出来ないか考えてみてください。

支出管理が出来るようになった後は何をすれば良いのか

支出管理が出来るようになった後は何をすれば良いのか

支出の管理が出来るようになったら、あなたが生きていくために最低限必要な生活費が分かりましたね。

では、次にやるべきことは収入を上げることです。

収入を上げれば上げるほど、余剰金が増えますので、その分、資産を作りやすいのです。

では収入を上げる方法はどうすれば良いのでしょうか。

パターンとしては、3つあります。

起業する

給料の高い会社で偉くなる

副業する

給料を上げるためには、単純に給料の高い会社で働くのが一番です。

しかし、日本の給料体系では、どれだけ給料の高い会社に勤めていても限界があります。

年収としては1000万円位が限界でしょう。

外資系企業に勤めても2000万円を超えることはないでしょう。

それならば、いっそのこと起業して自分が代表取締役になるのが一番です。

自分が代表取締役になれば、自分への給料を自分で決めることが可能です。

なぜなら会社というのは所有者(オーナー)のためにあるからです。

もちろん、上場企業の社長はオーナーではありません。

オーナーは株主ですから、自分の給料を好きに決めることは出来ません。

しかし、起業することは、リスクを伴います。

リスクを伴わない起業の仕方もありますが、リスクの少ない場合は、大抵がリターンも少ないことがほとんどです。

一気に経済的に自由になりたい人には、企業は向いていますが安全第一に進めたい人は、会社での昇進に励む方が良いでしょう。

そして、最後にもう一つの方法があります。

それが、副業をするということです。

今現状として、会社で昇進して給料が上がるということは、ほとんどありません。

給料が上がったとしても微々たるものだったりします。

要は努力に対しての見返りが薄いのです。

そこで、副業を始めるという方法があります。

イメージとしては、プチ起業といった感じでしょうか。

企業ほどのリスクは冒さないが、昇進よりも手に入るお金の方が多いといった中間に位置する方法です。

副業には様々な方法がありますが、出来るだけコストが掛からずに、時間的にも場所的にも制約を受けない副業がベストです。

例えば、インターネットに関連した副業であれば、上記の条件に合致しますので、副業には適していると言えます。

反対に飲食店でのアルバイトなどは時間的にも場所的にも拘束を受けますので、副業としてはあまり適しているとは言えません。

ネットでどのような副業があるのかは、Googleなど検索してみると良いでしょう。

自分の興味に合致する副業が見つかるかもしれませんよ。

余剰資金が出来たら資産を購入すべきなのか

余剰資金が出来たら資産を購入すべきなのか

正直なところ、支出を管理することが出来て、収入がプラスになっていくようであれば、無理をする必要はありません。

十分に生活していくことが可能です。

しかし、経済的自由を目指すのであれば、資産収入を支出よりも増やさないといけません。

また、現在は生活できていても、今後リストラなどにあい、生活でできなくなってしまうということ十分に考えられます。

すなわち、経済的自由を目指すということと、リスクを低減させるという意味を含めて、資産を購入しておくというのはおすすめということになります。

余剰資金で資産を購入するようにしましょう。

では、資産とは何なのかということですが、資産と呼ばれるものはいくつかあります。

例えば、株式や不動産です。

正直どちらでも良いと思いますが、低額な資金から始めることが出来る株式投資の方が始めやすいでしょう。

なので、経済的自由を目指していくための方法として株式投資を勉強していく必要があります。

株式投資を勉強しないといけないですが、だからといってとても難しいわけではありません。

株式投資の基本的な原則を抑えておけば、全く問題ありません。

株式投資の基本とは、経済が成長するかどうかを予測するだけOKなのです。

例えば、今後日本の経済は成長すると思えば、日本経済に関連した株式を購入すれば良いですし、アメリカの経済が成長すると思えば、アメリカ経済に関連した株式を購入すれば良いだけです。

どこが成長するのかを予測して投資をしていけば、大きく外れることはありません。

ましてや投資した金額がゼロやマイナスになることはほとんど考えられません。

(投資方法によってゼロやマイナスになる可能性はあるので、そこは勉強する必要がありますね)

では、経済の成長は基本的にどうなっているのかというと、人口の数によるものがかなり大きいです。

当然、人口の数が増えれば、消費するお金の量も増えるわけですから、会社も売り上げが多くなり、会社は成長します。

たったこれだけです。

他にも細かい要素はありますが、人口増が見込めて、経済が成長しそうな場所に投資をしてあげれば、投資で失敗することはほぼ考えられません。

今回は、投資の具体的な手法について話すことはしませんが、基本的な考え方だけは押さえておけば良いでしょう。

実際に、アメリカの経済が成長すると見込んで、株式を購入していた人は、15年以上定期的に投資していたは誰もマイナスになっていません。

むしろ、年率5~7%で資産が増加していることになります。

つまり、5000万円の資産を購入していたら、毎年250万円は手元に入ってくることになるわけです。

そうなると、もう経済的自由は目の前ということになりますね。

今後の経済がどのくらい成長するのか分かりませんが、現状は人口増に伴い経済が成長されることが世界的にも予想されていますので、早めに資産を購入しておいた方が良いでしょう。

また、不動産投資についても、需要が増えれば不動産の価値は高まることになります。

当然、人口が増えれば需要は高まりますよね。

すなわち、不動産の価値は高まる可能性が高いと言えるでしょう。

もちろん、タワーマンションや集合住宅といった建物が需要以上に増えたら、値崩れすることになる可能性もありますが、需要がないのにマンションを大量に建てる会社もないでしょうから、不動産投資も基本的には、資産が増える可能性が高いと言えますね。

資産を守ることも大切

資産を守ることも大切

資産収入が増えていくと、気持ちにゆとりが出来て、必要のないものにお金をかけることになるかもしれません。

従って、最後に資産を守るということも、しっかり覚えておきましょう。

ありがちなのは、詐欺にあうということですね。

特に多いのが投資詐欺でしょうか。

客観的に見れば、理論的にもおかしいところだらけの話に、乗っかってしまうということです。

資産が増えたからの余裕かもしれませんが、必ず注意してください。

また、友人や知人などからお金をせびられるということもあります。

資産に余裕がある人はお金をせびられることがありますので、きちんと自分なりのルールを設けて、お金を使うようにしましょう。

友人関係を有効にするために、なんでもかんでもお金を支払ったり渡したりする人もいますが、注意が必要です。

もちろん、友人関係はとても大切ですが、自分のルールに従うようにしましょう。

それで関係が崩れるようであれば、それはそもそも不要な人間関係だと思います。

人は沢山存在していますので、もっと素敵な友人を見つけてみてはいかがでしょうか。

支出よりも資産収入の方が多い中で、資産をしっかり守れさえすれば、それは完全に経済的に自由を手に入れたことになります。

まとめ

まとめ

経済的自由を目指すには、資産収入を支出金額よりも増やす必要があります。

資産を増やすために、まずは労働収入と支出の関係を見直しましょう。

支出を管理することが大切です。

労働収入を増やす方法はいくつかありますので、自分にあった方法で増やしましょう。

余剰資金で少しずつ資産を増やしていきましょう。

資産収入が支出金額を越えたら、資産を守ることも意識しましょう。

これで完璧に経済的自由を手に入れることになります。