肥満の人ほど予想と現実の摂取カロリーとかけ離れているという研究

今回は自分が摂取したと思っているカロリーと実際に摂取したカロリーは肥満な人ほど大きくかけ離れているということが研究から分かりましたので紹介します。

今回の紹介する研究は1992年に行われた有名な研究となっています。

この研究では、自分が摂取したと思っているカロリー量と実際に摂取したカロリー量はどの位差があるのかを調べています。

ダイエットしている人でも、きちんと摂取カロリーを計算している人は少ないため、実際はどうなのかということで調査したとのことです。

今回の研究では、「自分は2000kcal食べた」と思っている人は実際に2000kcalの摂取しているのか、自分の予想は正しいのかということも調査しています。

研究内容について

今回の研究内容は以下のとおりです。

肥満に悩む男女10人(女性9名)を集めて、運動量、代謝、日々の消費カロリーと摂取カロリーを調べました。

肥満に悩んだことがない男女も集めて、同様に1日カロリーを調べました。

その上で、「自分はこれだけ食べた」という自己申告と実際のデータを比較しました。

研究の結果について

肥満の人は普通体型の人と比較して、安静時の代謝が低いわけではありませんでした。

肥満の人は、平均で「今日は1028kcalしか食べていない」と考えていましたが、実際は平均で1日2081kcal食べていました。

肥満の人は「身体活動で1日1022kcalは消費している」と考えていましたが、実際は平均で1日771kcalしか消費していませんでした。

つまり、痩せられなくて悩んでいた人達は、食事の摂取カロリーを47%低く考えており、運動の消費カロリーを51%多く考えていたということでした。

要は自分の想像と実際は大きく異なっていたということです。

一方で、肥満に悩んでいない人達も摂取カロリーを19%低く考えており、運動の消費カロリーを30%高く考えていたということでした。

とにかく人間は「自分はあまり食べていない!」と思いたいし、「今日はよく動いた!」と思いたい生き物であるということが導き出される結論となりました。

今回の研究自体は小規模な実験のため、信憑性は高いとまでは言えませんが「とにかく人間は自分の摂取カロリーに対して見積もりが甘い」といえるデータでした。

摂取カロリーの見積もりが甘い件については他にも複数のデータで確認されていますので、肥満で悩んでいる人は摂取カロリーについて、しっかり考えてみた方が良いでしょう。