YouTubeやブログは伸びたものだけをやれ!という中田敦彦さんの教え

中田敦彦さんが仰ってましたが、中田敦彦さんがYouTubeをやる時に意識しているのは、再生数が多くなる動画はやると言うことです。

反対に再生数が少ない動画は絶対にやらないということを徹底していると言ってました。

ではどのような動画が再生数が多くなるのかというと正直分からないとも言っています。

だからこそ、再生数が多くなる動画は人によって大きく異なるため、色々な動画を手当たり次第試していくことになります。

一度ヒットするまでは全力を出し切って色々な施策をやってみる事が重要だとのことです。

そして、ヒットが出たら、関連した動画を出しまくっていきます。

外れた動画はやらないようにしていきます。

今回凄い教訓になるのは、中田敦彦さんのようなトップYouTuberでもハズレる動画は沢山あり悩んでいるということです。

業界トップの人でさえ、当たらないことに悩んでいるのに、これから始める初心者がヒットを狙うのは大変なことです。

しかし、数多く色々なことに挑戦すれば、必ずヒットが生まれます。

そして、ヒットが出たら、それをどんどん深掘りしていきます。

もちろん外れた動画は二度とやりません。

実はここに物事の本質が隠れており、今回YouTubeの話でしたが、YouTubeだけではありません。

ブログも一緒です。

ブログでも色々な記事やテーマを扱ってみないとヒットが出るか分かりません。

特に最初の頃はアクセス数が少なく、伸び悩みます。

しかし、ヒットするジャンルやキーワードに遭遇することがあります。

その時に一気に畳み掛けてシフトチェンジ出来るかが勝負です。

青汁王子も言ってましたが、商売としてやっていきたいなら、伸びたものや稼げたものを伸ばしていくのが簡単に成功するコツだと言っています。

まずは手当たり次第動いてみて、取捨選択していくことが大切なのです。

たくさんのヒットを生み出しているピカソや秋元康さんも毎回ヒットを出すわけではありません。

ヒットが出たらチャンスです。

逃さないようにしましょう。