健康的な体を目標にすることが大切だと伝えてきました。

進化心理学的には健康になることが最善のモテるテクニックということになります。

ミラー博士は「女性との関係を良くしたいなら、体型を整えること以上に役立つことはない」と言っています。

なぜなら体が健康なことは以下の判断材料としても役立つからです。

どれだけの仕事ができるか

誠実性と意志の強さ

防御スキル

どれだけの仕事ができるか

原始の世界では狩猟と戦争の時代だったので、肉体労働は必須でした。

現代では肉体労働は必須ではなくなりましたが、女性の頭の中にはどうしても効率的に肉体作業をこなすことができるかということを無意識に意識してしまいます。

誠実性と意志の強さ

良い体型を維持するためには明確な目標設定と意志力が必要です。

ですから健康体を保つだけで、誠実で意思力がある人と判断されます。

防御スキル

女性はストーカーや自然災害などに素早く対応するように進化してきました。

従って、リスク察知能力が非常に高いです。

健康な体をしていると「私を守る能力があると」無意識に判断してくれます。

とにかく健康になることがモテることに大きく繋がることになります。

また、健康的な人ほど魅力度が上がるのは女性も一緒です。

モテたいなら、とにかく健康的な肉体を維持して下さい。

次に健康的な肉体をどのようにアピールしていくべきなのでしょうか。

健康体になったとしても、相手方がそれを知らなくては意味がありません。

男性のナルシズムを出すようなアピール方法は逆効果です。

例えば筋肉アピールのためにタンクトップを着るなどです。

ミラー博士は以下のポイントを推奨しています。

姿勢・ボディランゲージの改善

筋肉がついた男性は自分に自信を持つことが出来ました。

そして、メンタルが変わり、姿勢や身のこなしで自信を表現出来るようになることが分かりました。

実際には、背筋が伸びたり、リラックスした雰囲気になったりと小さな変化なのですが、効果は大きな違いがあります。

女性の脳は男性の小さな変化をしっかりと読み取る能力があり、健康や自信や地位などを判別し魅力として置き換えます。

なので、筋肉をつけて自信をつけ姿勢を改善するのが効果的です。

とてもシンプルな方法で実践しやすい方法です。

服装の改善

モテるために服を買うことは大切ですが、高級品やおしゃれを前面に出す必要はありません。

服装において最も重要なのはフィット感です。

ダボダボ過ぎてもNGですし、ピチピチ過ぎてもNGです。

ファッションのトレンドや素材については、こだわらなくて大丈夫です。

なぜなら、構成要素が複雑なため、こだわってもあまりメリットがないのです。

ファッションを仕事にしたい人なら別ですが、モテることを目標にするなら、ひとまずフィット感だけ注意すればOKです。

フィジカルコンタクトの改善

女性は身体的接触で優秀な男性か判断もしています。

従って、男性は女性との身体的な接触にビビってはいけません。

女性の傍に座るとか握手をするようにして下さい。

実際には多くの男性が簡単なボディタッチが出来ない人が多いのです。

活動的な趣味を持つ

活動的な趣味は自分の健康状態をアピールする優れた方法です。

具体的にはダンスやハイキングやペットの散歩などで十分OKです。

特にスタイルが悪い男性は活動的な趣味を避ける人が多いので、まずは上記のような趣味を持つようにしましょう。

他にもスキー、サーフィン、スキューバダイビングやテニスといったスポーツなどもモテる傾向が高いことが分かっています。

スポーツは身体能力のアピールするのにとても優れているので、慣れてきたらハードな運動にしてみるのも良いでしょう。

チームスポーツもやろう

ハードなスポーツの次に魅力度が高いと判断されるのがチームスポーツです。

チームスポーツは体力以外にも、社会的な知性、人気、リーダーシップ、積極性をアピールすることになるからです。

格闘技もやろう

格闘技は体力をアピールするのに信頼性が高いです。

また、感情や意志の強さや回復力もアピールすることが出来ます。

球技が苦手な人は格闘技をやってみると良いでしょう。

格闘技であれば何でもOKです。

総合格闘技、空手、ボクシングなどをやってみましょう。

出来れば健康を考えるとボディコンタクトがない格闘技が良いですね。

格闘技は身体の動かし方を意識しなければいけませんから、マインドフルネスにも効果があると考えられます。

DIYもやろう

DIYも生存スキルをアピールする要素として役立ちます。

原始時代は弓を作ったり、火を起こしたり、家を作ったりと必要な能力だったためです。

なので、工具を使用したり、電気や車の修理や家具の組み立てなどはモテるアピールに繋がります。

スポーツは苦手という人は趣味をDIYにするのは有効です。

以上がモテるために健康をアピールする方法として役に立ちますので活用してみて下さい。