5年後に勝つための10個の条件

2021年現在で、コロナ渦の不況の中でも今から起業しようと考えている人で、どのような事業を始めようか悩んでいる人に対してのアドバイスになります。

何かしらのヒントになれば幸いです。

話を聞けば当たり前なんだよなと思う言葉になりますが、改めて自分の意識の中に刻まれているのか確認しておくことは重要です。

それでは早速、10個の条件について説明していきます。

5年後に勝つための10個の条件【2021年版】

①在宅勤務を極める

②営業をしない

③日本と海外を平等に考える

④不動産を持つ

⑤信頼される(約束を守る)

⑥SNSを活用できる

⑦金融投資をする

⑧収入を再投資する

⑨決済を制せる(入出金管理)

⑩他人に関心を持たない

それでは1つずつ掘り下げて説明していきます。

①在宅勤務を極める

まずは在宅勤務を極めろということなんですが、在宅勤務を極めるという言葉には2つの意味があります。

自分が在宅勤務のプレーヤーとなって、最高の環境になるように在宅勤務の仕事を効率化していこうということです。

もう一つの意味は、在宅ワーカーに向けて役立つ情報を発信していこうということです。

在宅ワーカーに向けた情報発信は今後もっと増えてくることが予想されるので、きちんとしたコンテンツを作り込めば、第一人者となって在宅ワーク業界で沢山稼げる可能性があります。

②営業をしない

営業をしないということですが、今の時代に積極的に売り込みをすることは逆効果になります。

これからの時代は、むやみに売り込みや説得をせずに、さらっと商品やサービスを紹介出来る人の方が売れることになります。

そのためにも、SNSなどで情報を発信しながら、他の人との繋がりを大事にしておくのが得策です。

③日本と海外を平等に考える

今や完全にグローバルな世界になりました。

日本で生まれたけど、海外で生活している人もかなり多く存在しています。

逆も一緒です。

海外で生まれたけど、日本で生活している人もいます。

従って、日本人だからといって、日本に凝り固まってはいけない時代になりました。

今後、国際交流はもっと進んでいくと予測されますので、日本と海外を分け隔てなく考えていける人は強いです。

英語の方が情報を多いので、英語をマスターすることもおすすめです。

ニュースや論文や情報発信する際も英語を使えると、扱うビジネスの規模が変わることになりますね。

④不動産を持つ

不動産を持った方が良いです。

⑤信頼される(約束を守る)

信頼されるように行動していきましょう。

信頼は何よりの力です。

そのためには、まず約束は守るようにしましょう。

口を堅くしましょう。

そして、SNSなどでどんどん交流して信頼度を高めていきましょう。

⑥SNSを活用できる

今後、SNSでの交流は主流になってくる可能性があります。

そこで、SNSを毎日駆使できる人が強くなっていきます。

Twitter、Facebook、Instagramなどの使い方を極めて活用できるようになることをおすすめします。

専門分野で情報発信し、SNSで交流を持つのが良いです。

⑦金融投資をする

金融に投資をすることは重要です。

金融には、株式や不動産などがあります。

仮想通貨などの投資も悪くはないでしょうが、それらを含めて長期的に継続して金融に投資出来る人が強いです。

⑧収入を再投資する

得た収入でなんでもかんでも浪費してしまうのではなく、さらに進歩するために自分に再投資出来る人も強いです。

例えば、仕事をより快適により成果が上がるように環境整備のためにお金を使うことも大切です。

そうすれば、今までよりもより多くの収入を得ることが可能でしょう。

自分に再投資出来るようになりましょう。

⑨決済を制せる(入出金管理)

決済についてしっかり勉強しておくことは大切です。

なぜなら、海外では決済が複雑だからです。

日本でも色々な種類の決済がありますが、今後よりグローバルになっていくと、海外との取引なども増えていくことになります。

その際、海外の決済も抑えておかないといけなくなりますので、より決済の方法が複雑になっていきます。

ここ最近、日本では、キャッシュレス決済などが流行ってきています。

PayPay、キャッシュレス、paypal、独自、クレジットカードこれらの決済方法は是非抑えておいてください。

⑩他人に関心を持たない

他人に関心を持たない人が今後強くなっていきます。

それは他人のことではなく、自分のことを優先して考えられる人という意味です。

自分原則を徹底できる人が強いです。

なぜかというと、自分の事を考えられる人は個性が出てくるからです。

SNS時代において個性はとても重要です。