iPhoneでkindle本を読むテクニック!

読書するのは面倒くさい!でも、本は読みたいし知識を吸収したい人はいることでしょう。

そんな悩みもiPhoneを利用していると解決できます。

iPhoneを利用していると、Amazonで購入したkindleの本を音読してもらうことが出来ます。

kindle本を音読してもらうということは、要はkindleで購入した書籍をオーディオブック化出来るということなのです。

既にAmazonにはAudible(オーディブル)というサービスがありますが、まだまだオーディオブック化されている書籍は少ないです。

※まだ、Audibleを利用してみたことがないという人は是非利用してみることをおすすめします。

外出先でもスマホさえあれば気軽に聞けるので、いつでもどこでも簡単に読書できます♪

そこで、今回はオーディオブック化されていない書籍もオーディオブック化出来る方法について紹介していきます。

iPhoneの読み上げ機能を利用するだけで、簡単にオーディオブック化することが出来ますよ。

読書する時間はないけど、音声を聞くだけなら出来るという人には必見です。

では、早速やり方について説明していきます。

iPhoneの読み上げ機能を設定しよう

iOSのスピーチ機能とは

iPhoneやiPadで使える文字の読み上げ機能です。メールやTwitterなど、テキスト(文字)がある所は大抵読み上げてくれます。

①iPhoneの「設定」→「一般」をクリック

iPhoneでkindle本を読むテクニック!自動ページ送り&読み上げ機能が最強

②「アクセシビリティ」→「スピーチ」をクリック

iPhoneでkindle本を読むテクニック!自動ページ送り&読み上げ機能が最強

③「スピーチ」→「選択項目の読み上げ」をオンにします

iPhoneでkindle本を読むテクニック!自動ページ送り&読み上げ機能が最強

これで設定完了です。

あとは、読み上げ機能を利用したいページで「画面の上から下へ2本指でスワイプ」します。

すると自動的にiPhoneが画面を読み上げてくれます。

kindleで自動ページ送り機能を設定しよう

iPhoneの読み上げ機能を利用した場合、初期設定でkindleは自動でページをめくるようになっています。

従って、特に自分で何か設定する必要はありませんので、楽ちんです。

しかし、自動でページをめくってくれない場合、連続スクロール機能がオフになっている可能性があります。

なので、連続スクロール機能をオンにしてあげれば解決できます。

連続スクロール機能のオンのやり方は以下の通りです。

①kindleで適当に本を開きます。

②kindle画面の任意の位置を一度タップし、上部の「Aa」と書かれた部分をタップします。

kindleで自動ページ送り機能を設定しよう

③連続スクロールの右のボタンをオンにします。(右に寄せた状態)

kindleで自動ページ送り機能を設定しよう

これだけで簡単に連続スクロールしてますので、ページをめくる必要はありません。

最後に

iPhoneでkindle読書をするのは非常に快適です。

読書する時間がなくて困っている人も、オーディオブック化することで簡単に本を読めてしまいます。

今まで、無駄に過ごしてしまった時間もオーディオブック化して、役に立ててみてください。

また、既にAudible(オーディブル)になっている本もありますが、やはりプロの読み手が読むと聞きやすさが違います。

一度もAudible(オーディブル)を利用したことがないという人は、お試し無料で利用することも出来ますから、試してみるのも良いと思いますよ。