SNSを科学的に攻略することを研究した結果

今回は明治大学商学部の藤田裕子教授によるSNSの研究についてご紹介していきます。

今回の研究は学生のフィールド調査によるものです。

Instagramで3ヶ月間フォロワーを増やす実験を行いました。

研究内容

今回の研究目的は、なぜ人はフォローやシェアをするのか理解することと、 Instagramのフォロワーを増やすための実験を考察しました。

学生17人がInstagramのアカウントを作成して3ヶ月間Instagramに投稿をしました。

結論から言うと1000フォロワーのアカウントが二つ作成できました。

そして、投稿や反応のデータをもとにフォロワーが増える投稿の法則を分析したというのが今回の研究となっております。

今回の研究では一人一ジャンルに絞って投稿をしています。

選んだジャンルは様々で、例えばグルメや風景家ダイエットやディズニーなどがありました。

この内数名は何度投稿しても50から60人程度しかフォロワーが増えない結果になりました。

東京の公園の写真を紹介しましたがフォロワーは56人だけでした。

綺麗な写真と一緒に詩も投稿しましたが、内輪向けの投稿になってしまったためフォロワーが増えなかったと考察しています。

他にも若い女性が好きそうなドリンクやスイーツのジャンルで投稿もしましたがフォロワー数は伸びませんでした。

フォロワーが1000を超えたアカウントは以下のようになりました。

一つ目は厚揚げレシピのジャンルで投稿したアカウントです。

最初の投稿ではいいねが少なかったですが、徐々に500円ほどつくように成長していきました。

今まで見たことのないジャンルだったためフォロワー数が増加したと考察しています。

もう 1000フォロワーを超えたアカウントではコスパ通いコンビニ商品を解説付きで投稿したものです。

コンビニ商品を紹介するアカウントはたくさんありますがコスパの観点からコンビニ商品を紹介してみることで差別化を図りました。

研究結果

以上の実験から、 フォロワー数が増えたアカウントのポイントは写真の統一感と差別化であったと考察しています。

投稿写真のパターンを毎回同じにして、文字を多めに入れることで独自性のアカウントを作成しました。

その結果フォロワーが増加したと考察しています。

また「#シェアしたがる心理」の著者でメディア研究科の天野明さんによるフォロワー数が増加するポイントは以下の通りです。

①ハッシュタグが多い(上限の30個までついている方が良い)

②注目の高いイベントに関するハッシュタグが付いている

③高価で少数しか購入や体験できないもの事よりも、安価で多数が購入や体験できる物事をテーマにする

④「みんな」「~しましょう」といったユーザーに語りかける言葉遣いをしている

⑤他のユーザーとのやり取りをしている

上記のポイントが「いいね」増やすコツです。

実際に今回の参加者たちも以下のことを言っています。

「コメント欄を通じたフォロワーとのコミュニケーションが増えた。コメントをきちんと返すとフォローを継続してもらうことができた。」

実際に今回1000人以上のフォロワーを集めたアカウントでは同ジャンルのアカウントをフォローしてコミュニケーションをたくさんとっていました。

反対に自分から他のユーザーとやり取りしていないアカウントは多くのフォロワーを獲得できませんでした。

研究チームは当初の予想としてはフォロワーを増やすためには視覚的に「映える」投稿が良いのではないかと考えており、インスタ映えする投稿を多くするように心がけていました。

しかし実際はアカウントのファンになってくれる人達と頻繁にコミュニケーションをとることが大切であることがわかりました。

最後に

やはりSNSの特性上人との感情的なつながりを重視することがアカウントを育てる上で大切なようです。

SNSは自分自身を商品化して利益を追求する素晴らしいメディアですから、SNS を最大限利用したいという人は今回のポイントを守って SNS 攻略をしてみてください。